Blog&column
ブログ・コラム

就労支援Bの利用対象者についてご紹介

query_builder 2021/12/01
コラム
37
障害や難病を抱えていると、企業と契約を結んで働けない場合があります。
そこで、障害や難病を抱える方を支援するのが就労支援Bです。
では、就労支援Bは具体的にどんな方が該当するのでしょうか。
今回は、就労支援Bの利用対象者についてご紹介します。

▼就労支援Bの利用対象者
利用対象者は、知的障害や身体障害、または精神障害や発達障害などの難病を持っている方が対象です。
これらの難病に加え、下記の条件を満たす方が利用対象者となります。

・これまで就労経験があり、年齢や体力的に就労が困難となった方
・障害基礎年金1級を受給している方
・50歳に達している方
・就労移行支援事業所などで、就労に課題があると判断された方

▼就労支援Bはすぐに利用できるわけではない
上記の条件の通り、就労支援Bは就労経験や就労移行支援事業所などで、就労に課題があると判断されないと利用することはできません。
特別支援学校などを卒業したとしても、そのまま利用できないので注意しましょう。
利用するためにはまず、市区町村の障がい福祉課で相談してみるのがいいでしょう。

ちなみに障害者手帳がなくても、就労支援Bを利用できる場合もあります。
通院や医師の診断があれば、自治体によっては利用可能です。
同じく、まずは障がい福祉課に相談してみることがおすすめです。

▼まとめ
就労支援Bは、そのまま利用できるわけではなく条件があるので注意しましょう。
利用できるかどうかは、障がい福祉課に問い合わせてみてください。

また当施設では、障害を持った方への就労支援をおこなっています。
一般就労を目指して、利用者様に合ったサポートをしていますので、必要な場合はぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 就労支援A型とB型の違いはなんなのか。

    query_builder 2021/03/17
  • うつ病からの社会復帰を考えているなら就労支援を活用してみよう

    query_builder 2022/05/03
  • 「就労継続支援B型」を利用するメリットとデメリット

    query_builder 2022/04/01
  • 障害者の自立をサポートしてくれる「障害者自立支援法」とは

    query_builder 2022/03/15
  • 就労支援サービスの支援プランは何をもとに作成されるの?

    query_builder 2022/03/01

CATEGORY

ARCHIVE