Blog&column
ブログ・コラム

療育手帳制度とは、どんな制度?メリットはあるの?

query_builder 2021/09/08
コラム
30
療育手帳制度は法律による制度ではないため、判断は自治体ごとに決められています。
この療育手帳について、簡単に紹介します。

▼療育手帳制度とは
18歳前後に知的機能の障害が認められ継続した状態にある場合に支給されるのが「療育手帳」です。
各自治体ごとに判断基準があり、障害の程度を判断し、区分を決めています。
手帳の名前は各自治体により違いがあります。

▼療育手帳制度のメリット
将来的に就労に向けて支援が受けられるのが療育手帳制度の大きなメリットです。
療育手帳を所持していると、各助成金の支給対象になったり、障害者雇用枠での就職が可能になったりします。
大人になり就労を考えたときに、選択肢を広げることが出来る仕組みです。

また、公共交通機関を始めとする各種料金で割引や減免の措置が受けられます。
さらに税制上の優遇措置も受けられるなど、療育手帳を持っている人が対象になりうる制度が多数あります。
療育手帳制度は、知的障害者にとって、様々なメリットがある制度であると言えます。

▼まとめ
知的障害を持つ場合に支給される療育手帳には、前述の通り、様々なメリットがあります。
特に就労の選択肢を広げられる可能性があるのは、療育手帳制度の大きなメリットだと言えるでしょう。
伊勢崎市で知的障害者の就労支援を受けるなら「株式会社ワークミモザ」にご相談ください。
働くために必要となる技能を身に付けられるよう丁寧に指導をしており、ご好評をいただいております。

NEW

  • 就労支援A型とB型の違いはなんなのか。

    query_builder 2021/03/17
  • 障害年金の対象となる精神疾患とは?受給に必要は条件はある?

    query_builder 2022/07/03
  • 障害年金についてはどこに相談したらいいの?

    query_builder 2022/06/05
  • うつ病からの社会復帰を考えているなら就労支援を活用してみよう

    query_builder 2022/05/03
  • 「就労継続支援B型」を利用するメリットとデメリット

    query_builder 2022/04/01

CATEGORY

ARCHIVE