Blog&column
ブログ・コラム

知的障害の判断基準とは?診断を受けるメリットはある?

query_builder 2021/08/22
コラム
28
一般的に知的障害とは「18歳前後までに知的機能の障害が現れた状態」のことです。
個人差が大きく、家事や子育てが可能な人もいれば、言葉を使うのが困難な人もいます。
この知的障害の判断基準について簡単に紹介します。

知的障害の判断基準
医療機関では、問診・知能検査・適応能力検査などにより、知的障害の診断をします。
行われる検査は年齢などにより違いがありますが、検査の結果から総合的に診断されます。
知的障害の分類は「軽度」「中等度」「重度」「最重度」の4段階です。
さらに等級も定められていますが、自治体などにより判断基準の違いもあります。
知的障害は、性格や環境によっても症状や特徴に違いが出ます。
そのため軽度の場合は本人や周りも気付かないまま大人になるケースが少なくありません。

▼診断を受けることにより、本人が生きやすい環境が作れる
早めに診断を受けて教育や療育を行うことにより、その後の発達には大きな違いが出ます。
本人が生きやすい環境を作るためには、早めに診断を受けることが大切です。

▼まとめ
知的障害の判断基準は難しいため、まずは専門機関に相談し、相談してみることをおすすめします。
知的障害者の就労には、就労支援サービスの活用が便利です。
「株式会社ワークミモザ」では、経験を積みながら利用者に合ったペースで知識と技術の習得が可能です。
丁寧な対応を行っておりますので、就労にあたり不安な要素があるなら、ぜひ弊社までご相談ください。

NEW

  • 就労支援A型とB型の違いはなんなのか。

    query_builder 2021/03/17
  • 障害年金の対象となる精神疾患とは?受給に必要は条件はある?

    query_builder 2022/07/03
  • 障害年金についてはどこに相談したらいいの?

    query_builder 2022/06/05
  • うつ病からの社会復帰を考えているなら就労支援を活用してみよう

    query_builder 2022/05/03
  • 「就労継続支援B型」を利用するメリットとデメリット

    query_builder 2022/04/01

CATEGORY

ARCHIVE