Blog&column
ブログ・コラム

知的障害がある場合でも働き方次第で能力を発揮することが可能

query_builder 2021/08/15
コラム
27
知的障害者とは、児童相談所や精神保健指定医などにより「知的障害がある」と判断された人のことです。
障害の程度により軽度から最重度まで分類があり、等級が決められています。
そんな知的障害がある人の働き方について見ていきましょう。

▼働き方次第で知的障害がある場合でも能力を発揮できる
個人差もありますが、知的障害者の多くは、判断要素が少ない作業や反復作業などに集中して取り組むことができます。
そこで、軽作業やデータ入力、メンテナンスなどの仕事では能力が発揮できるケースが多くなっています。
ただし知的障害を持つ人が快適に働くためには、職場や周囲からの適切なサポートが必要不可欠です。

▼就労支援を活用しよう
就労支援サービスでは、知的障害を持つ人に対して、簡単な業務を通じて少しずつ技術を学べるようにしています。
どんな働き方が合っているのかは、利用者により、大きく違います。
それぞれの個性を活かし、伸ばしてくれるのが就労支援サービスとなっています。
もしも就労に不安がある場合は、就労支援サービスを活用してみましょう。

▼まとめ
働き方や環境次第で、知的障害があっても能力を発揮することが出来ます。
そのためには、就労支援や周囲からのサポートが大切です。
伊勢崎市で知的障害者の就労支援の利用を考えているのなら「株式会社ワークミモザ」までご相談ください。
「株式会社ワークミモザ」では、就職先に合わせて必要な技能が身に付くよう丁寧なサポートを行っております。

NEW

  • 就労支援A型とB型の違いはなんなのか。

    query_builder 2021/03/17
  • 障害年金の対象となる精神疾患とは?受給に必要は条件はある?

    query_builder 2022/07/03
  • 障害年金についてはどこに相談したらいいの?

    query_builder 2022/06/05
  • うつ病からの社会復帰を考えているなら就労支援を活用してみよう

    query_builder 2022/05/03
  • 「就労継続支援B型」を利用するメリットとデメリット

    query_builder 2022/04/01

CATEGORY

ARCHIVE