Blog&column
ブログ・コラム

ひきこもりからの社会復帰には就労支援の活用を検討してみよう

query_builder 2021/07/22
コラム
24
「ひきこもり」とは、社会に出ずに6か月以上自宅に留まっている状態のことです。
社会復帰をするには周囲からの支援が必要になる場合もあります。
では、ひきこもりから社会復帰をする方法について見ていきましょう。

▼ひきこもりになる理由
外に出ない、出られないといった状態になるには、以下のような理由が考えられます。
・いじめなどの人間関係での苦労
・学業や仕事での失敗による挫折経験
・病気
・障害
ひきこもりの期間が長くなると、家族や本人も社会復帰を諦めがちです。
しかし支援を受けて社会復帰している人も少なくありません。

▼ひきこもりからの社会復帰には就労支援の活用を検討してみよう
ひきこもりの病気が原因の場合は、まず適切な治療を受ける必要があります。
その上で、就労支援などを活用して社会復帰する方法を検討してみましょう。
就労支援では、簡単な作業からスタートして少しずつ技術を学び、本格的に働けるよう指導してくれます。
このとき、無理のない支援プランを提案してくれる就労支援を選ぶようにしましょう。

▼まとめ
外に出られない理由は、それぞれ違い、乗り越えるには時間が掛かる場合もあります。
就労支援を通して少しずつ社会に接して社会復帰を目指していきましょう。
伊勢崎市の「株式会社ワークミモザ」では、ひきこもりから社会復帰をするお手伝いをしております。
個々の特性を把握した上で的確にアドバイスし、自立をサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 就労支援A型とB型の違いはなんなのか。

    query_builder 2021/03/17
  • 知的障害の方をサポートする成年後見制度について解説

    query_builder 2021/09/15
  • 療育手帳制度とは、どんな制度?メリットはあるの?

    query_builder 2021/09/08
  • 知的障害の原因には何が考えられる?不安があるならどうするべき?

    query_builder 2021/09/01
  • 知的障害の判断基準とは?診断を受けるメリットはある?

    query_builder 2021/08/22

CATEGORY

ARCHIVE