Blog&column
ブログ・コラム

知的障害がある人が就労するために大切なこと

query_builder 2021/07/15
コラム
23
知的障害は「軽度」「中等度」「重度」「最重度」の4段階に分類できます。
そして症状の内容や体力には個人差が大きいため、それぞれ向いている仕事にも違いがあります。
ここでは知的障害がある人の就労について、簡単に紹介します。

知的障害がある人が就労するために大切なこと
知的障害がある人が就労するために大切なのは、働きたいという気持ちを持ち続けられる環境です。
どんなに条件が良いとしても、本人に合った仕事でなければ苦痛に感じ、働く意欲を保てません。
働く環境や仕事内容が本人に合っていなければ働き続けるのが難しくなるでしょう。

知的障害がある人の仕事探し
知的障害がある人が仕事を探す方法には、以下の2つが考えられます。
・障碍者雇用枠を利用した企業等での一般就労
・就労支援サービスなどの活用
どちらの場合も、まずは本人の特性について、よく考えてみる必要があります。
長く快適に働き続けられるよう、本人の特性や体力に合った仕事を探すことが大切です。

▼まとめ
企業で一般就労が出来る人もいれば、軽作業から始めたほうが良い人もいます。
どうするべきか分からないという場合は、就労支援サービスを活用して仕事を探すことをおすすめします。
「株式会社ワークミモザ」では、伊勢崎市にお住まいで知的障害がある人が安心して仕事を探せるようサポートしております。
1人1人に寄り添った丁寧なサポートをしており、送迎にも対応しておりますので、まずはお問い合わせください。

NEW

  • 就労支援A型とB型の違いはなんなのか。

    query_builder 2021/03/17
  • 知的障害の方をサポートする成年後見制度について解説

    query_builder 2021/09/15
  • 療育手帳制度とは、どんな制度?メリットはあるの?

    query_builder 2021/09/08
  • 知的障害の原因には何が考えられる?不安があるならどうするべき?

    query_builder 2021/09/01
  • 知的障害の判断基準とは?診断を受けるメリットはある?

    query_builder 2021/08/22

CATEGORY

ARCHIVE