Blog&column
ブログ・コラム

就労支援の対象となる利用者とは

query_builder 2021/06/01
コラム
17
雇用政策の一つである就労支援には、対象となる人がいます。
今回は、就労支援の利用者について見ていきましょう。

▼就労支援の利用者
就労支援には、対象となる利用者が限定されています。

知的障害のある人
就労支援とは、国が就職しづらい理由のある人を対象にしている雇用政策のことを言います。
支援をすることで就職先探しや相談、希望する仕事の雇用へとつなげていくのが目的です。
そんな就職しづらい理由を持つ対象に、知的障害のある人が挙げられます。
知的障害は知的な能力の発達に遅れが生じるため、論理的な思考が難しかったり、計算が不得意などの理由で就職しにくいからです。

■疾患と貧困
長時間働くことができない疾患を患っている人や、貧困が理由で就職が困難な人も利用者に含まれます。
疾患を患っている人の場合、短時間の就労なら可能であれば、そうした職場へ就業を支援してくれる仕組みです。
また、貧困を理由に就職活動に必要な物が用意出来ない人も、利用者になります。

■年齢
年を重ねれば重ねるほど、仕事に就くのは難しくなるのが現状です。
そのため、新しいことが覚えにくいといった、年齢が就業の妨げになっている人も利用者に含まれます。
この場合、単純作業や難しいことを覚えずに済む仕事に就けるよう、サポートするのが一般的です。

▼まとめ
国が行う雇用政策の一つである就労支援には、利用者が限定されていることがわかりました。
どんな人が利用者となるのかを知っておくと、就業への道が開けますね。
当社では、就業が困難な方に対して独自の支援を行っております。
お困り事がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • 就労支援A型とB型の違いはなんなのか。

    query_builder 2021/03/17
  • 知的障害の方をサポートする成年後見制度について解説

    query_builder 2021/09/15
  • 療育手帳制度とは、どんな制度?メリットはあるの?

    query_builder 2021/09/08
  • 知的障害の原因には何が考えられる?不安があるならどうするべき?

    query_builder 2021/09/01
  • 知的障害の判断基準とは?診断を受けるメリットはある?

    query_builder 2021/08/22

CATEGORY

ARCHIVE